ウエディングアクセサリーは手作りする?キット販売は?

ウエディングアクセサリーは手作り

衣裳が決まったから小物選びは気軽に・・・なんていうのは厳禁です!
衣裳、特にウエディングドレスは白一色。つけるアクセサリーや小物で大きく印象が変わります。
ウエディングドレスをうまく引き立てるアイテム選びをしましょう。

また必ずドレスを借りた衣装屋さんでついてくるアクセサリーから無理に選ぶことはありません。
アクセサリーショップからアンティークショップまでいろいろな調達方法を考えましょう。

最近では花嫁さんが自分で作れるアクセサリーキットの販売などもありますので選び方はたくさんあります。

手作りキットやパーツを買って自分で作るアクセサリー

アクセサリーは必ずつけるものなの?とよく聞かれることがありますが
私の時は髪をハーフアップにしておろしていたので鎖骨のあたりは髪の毛があり
ネックレスまでするとくどいので着けませんでした。

というように必ずつける!ではなくドレスとヘアとの相性をみて
アクセサリーはつけるつけないは決めたほうがよいです!

レンタルや購入など様々な方法がありますが手作りもお勧めです。
最近はアクセサリーを手作りできるキットの販売や、パーツの組み合わせだけで気軽に作ることができます。

ウエディングドレスに合わせたグローブ(手袋)の種類は?選び方は?手作りや作り方は?

グローブはまずロングかショートかで大きく印象は変わります。
ドレスによってはロングにするとまるで皇室のプリンセスのような印象になってしまう時もあります。
色も白なのかカラーなのかで印象も変わるのでドレスとの全体のバランスを考えて手袋は選びましょう。
また指先があいているものや総レースなど種類は様々なのでドレスとの相性を考えて選びましょう!

またグローブも最近では手作りで作れるキットがあるようですが
グローブはそんなに高いものではなく、また作るのが難しそうなので時間がある花嫁さんはぜひトライしてみてください!

ウエディングベールの種類や意味、つけ方やおすすめ通販サイトは?

ベールはかなり種類が豊富です。長さだけで言えばショート、ロングと簡単なのですが
顔の前を覆うデザインのフェイスベールやその逆で顔の前に何もないマリアベールなど種類は様々
そしてかなり挙式での印象を左右するのでベール選びも慎重に行いましょう。

ベールの意味は古代ギリシア・ローマ時代にさかのぼり邪悪なものから身を守るためのものとされていますがキリスト教式でのフェイスベールで新郎さんがベールを上げてキスをする姿はとても素敵な気持ちになりますね!

ウエディングのシューズの選び方は?オススメブランドは?

シューズはドレスに見えないから・・・
と油断しがちですが結婚式のヒールは平均12cmなどかなり高いものが多いので
デザインというよりは足との相性を重視しましょう。歩きにくい、足が痛い、靴が重い、靴ずれするなどは結婚式がとても大変になってしまうのでベストなものをえらびましょう。
また、ミニドレスを着用される花嫁さんはデザインも重視して選ぶことをお勧めします。

ウエディングでのティアラ・クラウンの髪型は?手作りできる?通信販売は?

未だに人気の高いティアラやクラウンは手作りキットが大人気です。通信販売で気軽に手に入れれてかつ作り方がわかりやすいのでハンドメイド気分が味わえます!

ウエディングヘッドレスやボンネの作り方や手作りキットなどのご紹介

昔ながらのボンネもまだ人気があるウエディングアイテムのひとつです。
手作りキットもとても人気があります。
形もシンプルでスタイリッシュなのでどんなドレスとも相性がとくおしゃれでかわいらしい雰囲気にすることができます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です