何年も続く結婚記念日の意味とおすすめのプレゼント

結婚記念日の意味

結婚記念日は結婚式を挙げた日?それとも婚姻届を出した入籍の日?
私の場合は2つを別々にして、どちらの日もずっとお祝いできるようにしました(笑)
でも年に2回二人のお祝いがあるほうが楽しいことも2倍になるのでお勧めです。
男性はめんどくさい~と思い方が多いようですが(笑)

さて、結婚記念日も1年目~といろいろ名前がついています。

1年目 紙婚式
2年目 綿婚式
3年目 皮婚式
4年目 花婚式
5年目 木婚式
6年目 鉄婚式
7年目 銅婚式
8年目 青銅婚式
9年目 陶器婚式
10年目 アルミ婚式
11年目 鋼鉄婚式
12年目 絹婚式
13年目 レース婚式
14年目 象牙婚式
15年目 水晶婚式
20年目 磁気婚式
25年目 銀婚式
30年目 真珠婚式
35年目 珊瑚婚式
40年目 ルビー婚式
45年目 サファイヤ婚式
50年目 金婚式
55年目 エメラルド婚式
60年目 ダイアモンド婚式

素材の名前だったり鉄の名前だったり宝石の名前だったりと不思議ですね(^^)
昔スイートテンダイアモンドと宝石ブランドがうたって
奥さんに10年目にプレゼントを贈ろうというのがはやりましたが
ダイアモンドは60年目で10年目はアルミですね(笑)
60年も一緒にいられたらそれだけで幸せなような気がします(^^)
ちなみに1年目は紙婚式。
紙でできたアイテムを結婚記念日にプレゼントするという意味があります!

 2年目は綿?なので枕とか布団なのでしょうか?

3年目は皮。何年ももつような本革アイテムが良いかもしれません!

と何年もプレゼントし合える結婚記念日にするといいですね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です