結婚式の日取りの決め方は?先負はあり?

結婚式の日取りの決め方

「結婚式をあげよう!季節は暑くもない寒くもない10月かな・・・」
なんて言っていると来年、へたしたら再来年まで空いてないなんてこともあります。

人気のシーズンは春と秋。
特に3月~5月、9月~11月はほとんど埋まっていて人気の式場だと1年後なんてことも
本当にざらにあるので思い通りの日にちは難しいと考えましょう。

1.そもそも結婚式の日どりの決め方は?

結婚式は仕事の都合上、主に土曜・日曜・祝日に開催されます。
そもそも1か月に土日は8回のみ。
さらに六輝と呼ばれる冠婚葬祭に使われる日取りを考慮すると
1か月で挙げられる日はせいぜい5~8回となります。

そして人気のシーズンや人気の式場ともなると
予約が取れないというのも納得できますね。

2.結婚式での縁起のいい日は六輝で判断

大安 〇  一番良い日取り

友引 〇  葬式は×だが慶事(結婚式など)はOK

赤口 △× 正午だけOK。なかなか結婚式では難しいかも

先勝 △  午前中ならOK。

先負 △  午後ならOK

仏滅 ×  出来れば避けたい日

六輝については人生で結婚式と葬式の時ぐらいしか必要にならないと思います。
ですので正直現代の日本ではあまり考えなくてもいいのかなと思う気もしますが
両親や親せきなど年配の方が気にされるケースが多いような気がします。
気にしない方なら最近は「仏滅割り引き」という結婚式プランがとてもお値打ちにあると
聞いたこともあるので検討するのも手かと思います

3.結婚式をするのに避けたい長期休暇シーズン

長期休暇はゲストがレジャーや帰省などスケジュールを組むことが多いので
出来たら結婚式は避けたほうがよい日にちとされています。

避けたい長期休暇
お盆休み、年末年始、ゴールデンウィーク、決算期などなど
また雨の多いシーズン(今だと6月~7月)も大変なのでできたら避けたほうがよいかもしれませんね。

4.発想の転換!超安い結婚式シーズン!

結婚式場は2月8月が閑散期と言われています。
この時期に挙式を決めるとかなりお得なプランを用意している式場さんがたくさんあります。
私は8月に挙式をしましたが通常より60万円以上お値打ちになりました!
8月といっても最終週の土曜なので人気の9月に近いうえ、気候も良く雨も降らずとてもラッキーでした(^^)
友人は2月に挙式をしましたがこちらもとても素敵な式でしたので
このシーズンは意外に穴場かもしれません。
結婚式場にぜひ問い合わせをしてみましょう!

5.結婚式のスケジュールにおすすめのアイテム

結婚式のスケジュールにあたってあると便利なおすすめアイテムをご紹介

書いては消せるフリクション
普段から私も愛用していますが書いて消せるのはとても便利です!
特に結婚式は人の都合や彼の都合、仕事の都合、式場の都合などで変わりやすいので
これを使っているととても便利です。

2.バーチカル手帳
あまり聞きなれないかもしれませんが、花嫁さんの多くは通常日にち1マスで1か月が乗っている手帳を使用してますが
これではスケジュール管理がしずらく、かついつまでに何をというのがとても把握しずらいです。
オススメなのはバーチカル手帳。
これなら1日の時間の管理ができるので結婚式の準備すべてが管理しやすくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です