自分自身で選択をして自由に生きる人生を歩んでいく

みなさん初めまして。GlitteringStarsDesign代表のハマダアヤノです。

私は20代の頃に、社会で働きながら様々な職種を経験してきました。DTPデザイン、WEBデザイン、ECサイトの構築、イラストレーター、撮影スタイリングなど様々な発信をするためのデザインや表現をすることを仕事にしてきました。しかし、社会で長時間働いて給与をもらうという形に違和感を感じ、28歳の時に起業を決意しました。

最初に開業したのは「結婚式の髪飾り専門のECサイト」の運営でした。元々、手先が器用で色々個人的に製作していた作品をSNSにアップしたところ、オーダーが3件入ってきたことがきっかけでした。経営者の下で働いてたこともあり、経営やブランド作り、発信の方法なども熟知していたため、今までの経験を生かし、起業初年度からスムーズに運営をすることができ、起業後はずっと黒字という成果をあげました。

そして起業から4年後、名古屋でウエディング専門の花屋として店舗を持つことになり店舗運営も開始しました。おかげさまで実店舗を持つことでECサイトの売り上げからさらに順調に売り上げを作ることができ、SNSの普及にもうまく乗り年商は1000万円まで作ることができるようになりました。

以降6年間、スタッフも増やし順調に経営をしてきましたが、2020年のコロナにより、ウエディング業界は大打撃を受け、店舗を縮小しギフトフラワーのECサイトへと移行をしました。そしてそのタイミングで「世の中の情勢に影響する仕事」に違和感を感じ、ライター・フォトグラファー・イラストレーターの仕事を増やしたところ、どれも収益化に成功。パラレルワーカー(複業家)として仕事をすることに。

他にもSNSを経由したイラストカウンセリングや、ウエディングの撮影依頼など様々な仕事が常に自分に回るようになり、コロナの時代でもなぜ自分に仕事があるのかという質問をよくされるようになりました。

あまりに多くの方にご質問を受けるので、この力を今後個人で起業したい方に生かしていけるようGSDでのサポート業を開始しました。

ひとつ言えることは「お金は稼ぐものではなく、お客様の価値になる自分ができることを精一杯やる」ということです。ただ、個人起業は一人で始めることが多いので、二人三脚でサポートしていければと思っております。