キャンプアイテムの隠れた聖地・ニトリで沼にハマる

Outdoor
GSD東海編集部の編集長・ハマダアヤノです。今回は編集部のアウトドアメンバーがどっぷりとはまっているキャンプ沼に「私は大丈夫!」思っていたら、安易にニトリのキャンプ沼にハマったという話です。ニトリ、最高です!
スポンサーリンク

キャンプ沼って?

はやと
はやと

あゆもんをキャンプ沼に引きずりこむのだ~

あゆもん
あゆもん

キャンプ沼~(すでにテント2回購入してはまっている)

編集長
編集長

またやってるこの2人・・・

というわけで、キャンプ沼とは「キャンプをはじめてその魅力に虜になった人たちが、キャンプギアを求め、日夜調査し、はまってはポチる・・・安い買い物ではないのに、気づくとポチってしまうまさに沼」的な意味です。

うちのメンバーも、Amazonやメルカリでポチポチポチポチ気づいたら、新たなキャンプギア増えてますね。

その様子を横目に

編集長
編集長

私は、大丈夫!

と自負しておりましたが、なんと沼はネットやキャンプ用品ショップだけではなかったのです・・・

ニトリにあった、キャンプ沼

えーくん
えーくん

ニトリとてもおしゃれだよ。おすすめだよ~

GSD編集部のアウトドア/キャンプサポーターとして、おしゃれなキャンプをしているえーくんの何気ない一言と、こっそりグループラインに潜ませあったアルバム「ニトリのおしゃれキャンプで使えそうな物」

 

これがすべての始まりだった・・・

編集長
編集長

ニトリいいね!ちょっと見てこようかな~

そうして、ニトリという名のキャンプ沼の入り口が開きました。

えーくん
えーくん

ぐふふ

沼にハマったニトリのキャンプグッズをメーカーと比較してみよう!

では、なぜニトリのキャンプ沼にハマってしまたのか、その優秀なニトリのキャンプアイテムを検証してみました!

1.チェア対決 ニトリ木製ローチェアvsハイランダーチェア

こちらのニトリのアウトドアで大人気の木製ローチェアアイボリー

コットンにウッドフレームのチェアと言えば、同じ雰囲気のあるアウトドアメーカーHilander(ハイランダー)から発売されているウッドフレームチェア コットン。

ニトリの木製チェアのお値段なんと、1脚2,990円(税込)(2019/06/12現在)

ハイランダーのチェアだと、楽天市場の価格で2脚16,800円(税込)なので1脚8,400円。

もちろん値段が高いだけあってハイランダーのものは、しっかりした作りになっていますが、よりギアをたくさん購入予定の方には、このお値打ち感は、たまらないですね!

2.木製テーブル対決 ニトリローラックvs ハイランダーウッドロールトップテーブル

今度はまたしてもハイランダーのテーブルとの比較です・・・。

ニトリの木製折り畳みローラックの価格は4,990円(税込)

Hilander(ハイランダー) ウッドロールトップテーブル2 90 HCA0191 は楽天市場で10,980円(税込)

こう画像で見比べてみると、「お、値段同等」とわかるのですが、やはりニトリは安い!そしてテーブルとしての機能的はかわらないと思うので、メーカー物や材質に細かくこだわらなければ、どうしてもニトリが好きになっていく・・・

3.木製ラック対決 ニトリvsハイランダー

ここまできたら、ニトリ対ハイランダーでいきます。(アイテムを検索してニトリのアイテムに似てるものを探すと、大概ハイランダーのアイテムに似てるので・・・)

コチラはニトリの木製折りたたみラック 2段ワイド。

そしてハイランダーのこちらはウッド3段ラック

しかし、意外とこちらは金額は僅差!

ニトリ木製折りたたみラック 2段ワイドは、2段で2,990円(税込)

Hilander(ハイランダー) ウッド3段ラック 460 専用ケース付き ブラウン UP-2549は、楽天市場にて3段で3,280円(税込)

これはとてもいい勝負です。

ニトリは定期的に値下げアイテムがある

ニトリをじっくり歩いていると、「あれもいいなあ・・・これもいいなあ・・・」と見えてくるようになりました。さらに極めつけは、値引きされているアイテムが結構たくさんあるというところ!

よくわからないけど、20%OFFのベンチがあったり。

微妙な10%値引きのマットとか。特に値引き率が揃ってないので、余計に悩む。

スキレットもダッチオーブンもとにかく安い!

普段買い物は、20分以上滞在しないのですが、気づくとニトリに1時間いました。これは、このままではキャンプ沼に入ってしまう!危ない!と思ったので・・・

スキレットとスキレット用の板だけを購入して早急に立ち去りました。笑

ニトリのまわしものはキャンパーにたくさん潜んでる

ニトリから帰る途中、えーくんにラインをすると・・・

編集長
編集長

悪魔のような笑い声のリプライが返ってきました。

そんなえーくんは、ニトリを押しておきながらかなりのおしゃれキャンパーなのでここにさらしておきます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

えーキャン🐰No.14@AB会さん(@takamura1231)がシェアした投稿

コメント