幸せな花嫁さんになれるサムシングフォーの意味とは

サムシングフォーの意味とは

ヨーロッパの古い言い伝えですが花嫁さんが4つの何か(サムシングフォー)を
身に着けて結婚式をすると幸せになるといわれています。
なんだか素敵な言い伝えなので幸せを運ぶ4つのアイテムを用意するのもいいかもしれませんね。

1.サムシングニュー(新しいもの)

これからはじまる新しい未来を象徴しています。
結婚式当日にはじめて使う新しい何かを身につけましょう。

2.サムシングオールド(古いもの)

先祖代々繋がっていく結婚という儀式。花嫁さんと家族とのつながりや富の象徴とされます。
母親や祖母が使っていたアクセサリーやハンカチなどを持つといいかもしれません。

3.サムシングボロー(借りたもの)

すでに結婚している方から幸せをおすそわけという意味があります。
手袋やリングピローなど何か借りてみましょう。

4.サムシングブルー(青いもの)

白だけでなく青は花嫁の純潔の色を象徴しています。
サムシングブルーは見えないところに取り入れるのがしきたりなので
昔からガーターベルトや下着などが用いられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です